国交省認定の高い不燃性。さらに耐衝撃性・耐クラック性も優れ、建物を長寿命化!

『フネンダン』は、BPS断熱材(水酸化アルミ混入型ポリスチレン発砲断熱材)とヒートレジモル(超軽量耐火モルタル)を組み合わせた断熱工法です。

高い不燃性と優れた耐衝撃性・耐クラック性を持つのに加えて、
夏冬の温度差による劣化を防ぎ、建物の長寿命化にも貢献。
さらに軽量で加工しやすく多彩な仕上げが可能で、美しい外観を実現します。

【開発の背景】
2020年までに、建築物の省エネ基準が厳しくなるものと予測される流れにおいて、現状の湿式外断熱は可燃性の高い発砲プラスティック系断熱材を使用しているため、耐熱性、耐火性に弱く、万が一の火災の際には大きな不安懸念が残されていました。そこで当社は、長年の外断熱工法の経験を経て湿式外断熱の不燃化の開発に着手、2017年1月に国土交通省より不燃認定を取得するに至りました。

【特長】
■国土交通省認定の不燃材料(NE-0058)
■冷暖房費をカットし、省エネに貢献
■結露を防止し、カビ・ダニの発生を抑制
■意匠性が高く、フレスコスカラー仕上やタイル仕上などに対応
■内断熱に比べ、居住スペースの圧迫が少ない
■外気温に左右されない快適な住空間を実現

【価格】
¥22,000~24,000/㎡(材工共・200㎡以上の場合)
※タイルの場合上記より価格が上がります。

TV番組「ヒット商品発掘バラエティ ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!」
にて紹介されています

不燃湿式外断熱システム「フネンダン」の安全性や品質が高いことが動画でご視聴いただけます。

ヒット商品発掘バラエティ ドランクドラゴンのバカ売れ研究所! 公式サイト
http://www.bakaure-lab.jp/play/play20170724/c/

動画イメージ

【株式会社バークス環境企業サイト】 http://bircs-kankyo.com/