<株式会社 丸和>玉紙

その他

越前和紙をベースとした超撥水和紙壁紙

日本の伝統技術によって生み出され、私たちの生活の中で使われてきた和紙。玉紙(たまがみ)はそんな和紙の代表的ブランド・越前和紙をベースとして誕生した超撥水和紙壁紙です。和紙本来の持ち味をそのままに、撥水性、防汚性をプラス。木肌や木面のあたたかさを追求した色合いで繊細な色や素材感が空間をやわらかに彩ります。

超撥水とは?

カビや結露を防ぎ快適な住空間を—。
めざしたのは、水を弾き、空気を通す紙づくり

水に弱いとイメージされがちな和紙。玉紙は独自の加工でそれを強みへと転換しました。樹脂などで表面をコーティングし、水の浸透を防ぐ「防水加工」は表面に隙間がないため通気性がなく、壁の内側が蒸れて結露やカビを引き起こします。私たちは和紙の優れた特徴である通気性にこだわり、「超撥水加工」を採用しました。完全球体を描き弾く水滴にちなんで名づけられた「玉紙」は、開発者たちの「超撥水」への技術、そして熱い思いの結晶です。

優れた機能性を残し、様々な難点を克服

一般的な和紙壁紙の場合

和紙は自然素材なので通気性があり、調湿機能を備えています。また、静電気を起こさないため空気中のチリやホコリを寄せ付けませんが、防水性や防汚性はないので紙面に直接付着した水滴や汚れはそのまま染み込んでしまいます。

ビニールクロスの場合

ビニールクロスは防水性に優れていますが、通気性がないため結露を引き起こします。また、製造過程で使われる可塑剤が空気中のタールやヤニと化学反応を起こし、静電気も発生するため汚れを吸着しやすい性質を持っています。

超撥水和紙壁紙「玉紙」の場合

玉紙はベースとなる和紙の通気性や調節湿機能をそのまま活かしながら、さらに従来の壁クロスが持つ防水性を高め、超撥水機能として付加させました。従来の壁紙の優れた部分のみで作られているのです。

ラインナップ

【株式会社丸和 企業サイト】https://www.tamagami.jp/

タイトルとURLをコピーしました