Construction Marketing and Consulting

次世代省エネ基準の普及率調査と普及に向けた販促提案

<コンサルティング実績>次世代省エネ基準の普及率調査と普及に向けた販促提案

クライアント

硝子繊維協会

背景と目的

地球温暖化対策やCO2対策に於いて、断熱材は欠かせない建材。その断熱材を工務店側に、より正しい施工方法や断熱性能について学んでもらいたい。それらを背景に、工務店の使用熱材の評価や課題、次世代省エネ基準の認知度と普及率について調査を実施。その結果を踏まえ、次世代省エネ基準を普及させる為の提案を行う。

普及率の調査と対策

  • 全国1000件の工務店を規模別にスクリーニング(10棟~20棟、21棟~50棟、51棟以上)
  • 1000件の工務店に郵送アンケートの実施(電話・メール・FAXにて協力を確認)
  • 回収率を上げる為の電話催促、葉書催促を実施(回収率60%)
  • 断熱材種類別や断熱材メーカのシェア分析
  • 次世代省エネ基準の認知率把握と課題発見
  • 次世代省エネ基準のPR本を企画、展示会出展等の販促活動
PAGETOP